アルバイトの面接攻略法

余裕を持って出かける

普段から余裕を持った行動を心がけている方だと、アルバイトの面接でも早めに出かけているはずです。実は、これがアルバイトの面接に受かるための大きなポイントです。より詳しくご説明しましょう。

アルバイトの面接に遅刻するのは絶対にNGです。よほどの理由がない限りアルバイトの面接に遅れるのはダメですし、それだけで不採用になる可能性が高くなります。なぜならば、面接に遅れてくるような人がきちんと決められた時間に出勤してくれるのか、と面接担当者は考えるからです。わざわざ遅刻のリスクがある人を採用しようとはしません。

決められた面接時間に遅れないよう、最低でも10分前には到着しておきましょう。あまりに早すぎても非常識と思われてしまいますから5~10分ほど早く着くくらいでちょうどです。公共交通機関を利用する場合、バスや電車の遅延なども考えられますからできるだけ余裕を持って家を出るようにしましょう。

アルバイトの面接への遅刻が原因で不採用になるというケースは多いです。そのようなことにならぬよう、面接当日は余裕を持った行動を心がけてください。できれば早めに目的地の近くに着いておき、近所で時間をつぶすと良いかもしれません。