アルバイトの面接攻略法

受かるための服装とは

どんな服装でアルバイトの面接に挑んでいますか?特に指定がないケースだといつも通りの私服で挑んでいるかもしれませんが、もしかするとそれが不採用になる原因かもしれません。面接に受かるには服装も大切な部分です。

アルバイトの面接で採用してもらうには好印象を与えることが大切ですし、そのためには服装が重要なポイントです。服装が与える印象はかなり大きいですし、そこで判断されることもあります。では、どのような服装で面接に挑めばいいのかというと、基本は清潔感のある服で面接を受けることです。

また、業種にもよりますがアクセサリーも控えたほうが良いでしょう。ファッション関連のアルバイトだとヘアスタイルやアクセサリーなどのルールも緩いことが多いですが、そのほかの業種だとおすすめできません。特に接客に携わるお仕事だとアクセサリーをつけて面接に挑むと高い確率で不採用になってしまうと考えます。

アルバイトの面接に挑むときには清潔感のある服装を選び、なるべくアクセサリーなども外してください。これだけで面接担当者に与える印象は大きく変わるでしょう。見た目よりも中身を見てほしい、と思う方もいるでしょうが、初対面で相手の中身まで判断できません。それだけに服装が合否をわける鍵となるのです。